利根沼田の新成人
希望を胸に二十歳の門出

 「平成31年度沼田市成人式」が1月13日、利根沼田文化会館大ホールで開かれ、華やかな振り袖や真新しいスーツに身を包んだ新成人が、大人の仲間入りを果たした。

 同市に住民登録する新成人は531人(前年比26人減)。新成人たちは、ロビーで同級生との再会を喜び合った。

 横山公一市長は式辞で「『人生は二度なし』。これから、大変な体験や経験をすることがあると思うが、全力で立ち向かい、前向きに取り組んで」と激励した。
成人式実行委員会による児童図書募金が客席で行われ、新成人が寄せた浄財は後日、市立図書館に届けられた。

 アトラクションで、出身中学ごとの映像が上映され、新成人は、中学時代の自分や恩師が登場すると歓声を上げていた。この映像はUSB端末に収められ、記念品として贈られた。

 利根郡各町村でも同日に成人式が行われた。

【メモ】 各町村に住民登録している新成人は385人(前年比17人減)で、片品村61人(8人増)、川場村40人(1人増)、昭和村67人(16人減)、みなかみ町217人(10人減)。