関東新聞販売(株)おちあいしんぶん
東京新聞・利根沼田情報

マイタウンたにがわ

厳冬の谷川岳
(オキの耳、トマの耳、オジカ沢の頭)

地域の皆様へ新聞をお届けして78年。
関東新聞販売株式会社は
地域に根差した新聞販売店として
安心と信頼の情報ネットワークを
築いていきたいと考えています。
刻々と移り変わる日本や世界の動向。政治・経済・スポーツ・芸能など、多岐にわたる情報が掲載された新聞各紙を、地域の一軒一軒のお客様に送り届けることが、私たちの仕事です。
 一緒にお届けしたいのは、読者の皆様、おひとりおひとりの幸せで豊かな暮らしを願う気持ち。
 新聞は、人の心を結び、地域を結び、世界と個人を結ぶ、身近で便利なメディア。その繋がりを結ぶ毎日の為に、私たちはチーム全員で丁寧に誠実に、業務に取り組んでいます。
〒378-0045 群馬県沼田市材木町1176-3
おちあいしんぶん
TEL 0278-23-0330
マイタウンたにがわ直通
TEL 0278-22-5618
共通FAX 0278-22-2918

メールはこちらから

マイタウンたにがわ
3月15日号より

沼田ロータリーカップ
高校生の動画コンテスト

 沼田ロータリーカップSNS版「利根沼田の若者による街の魅力発見コンテスト」が初めて行われ、応募動画33作品の中から、軽快な音楽にのせて新旧の沼田の魅力を表現した沼高の「群馬県沼田市の魅力PR動画」が1位に輝いた。

 2位は、吹割の滝やラベンダーパークを巡る沼高の「沼田の旅」。3位は、学校のマスコットキャラクターとのみなかみ旅を描いた利根商の「てぃっしーとGO みなかみ町観光」と、焼きまんじゅうやキノコなどを紹介した尾瀬高の「利根沼田の美味しい魅力」。特別賞(視聴数1位)に、校内行事や100周年イベントが素材の沼女の「やっぱ沼女がい〜だっぺ!」が選ばれた。

 このコンテストは沼田ロータリークラブ(桑原滋会長)が主催。共催する利根沼田夢大学に同クラブが寄贈した動画撮影機材を使い、沼高・沼女・尾瀬高・利根商の生徒が、長さ60秒の動画を制作した。

 クラブ会員が全作品を視聴して投票した結果、2月23日に沼田市材木町のホテルベラヴィータで行われたクラブ例会の中で優秀作品を表彰した。

 応募作品は、利根沼田夢大学が運営するユーチューブのチャンネルサイト「とねぬまたんけん」にアップされている。


ふるさと文学賞の優秀作品決まる

 利根沼田の小中学生たちの文学への芽を伸ばそうと毎年行われる、沼田市教育委員会主催、しらさわ望郷クラブ協力の第19回おのちゅうこう「ふるさと文学賞」の表彰式が、2月18日に同市白沢町の市白沢支所3階多目的ホールで行われた。

 同文学賞は、「柳波賞」「全国ふきわれ俳句大会」と並ぶ同市の三大文学賞の一つ。入賞者は毎年選ばれるが、コロナ禍で表彰式は3年ぶりに行われた。

 今回は、小学校22校中18校の児童が作文107点や詩76点、中学校13校中12校の生徒が作文257点や詩152点を寄せ、現役とOBの教育関係者の審査により各部門の入賞作が決定。表彰の後、各部門の1作品が作者により朗読された。

[小学生作文の部]

▽最優秀賞 石井悠天(川場5)「川場かるた」

▽優秀賞 岡田遼真(白沢1)「大きな目ざましどけい」、関蓮翔(川場4)「ジュニアレーシングでの活動」、髙宮旺太朗(利南東5)「ダムカード集め」、萩原大凱(薄根6)「ホタルの里を守る」、本郷尊琉(同)「ぼくの大好きな人」

▽佳作 角田晟生(利南東3)、木下陽翔(昭和南4)、小林絢音(多那4)、林心野美(片品5)、津久井礼華(川場5)

[小学生詩の部]▽最優秀賞 滝沢快斗(沼田東3)「ぼくの名前」

▽優秀賞 石田安奈(白沢6)「のらねこ ねこた」、小林栞奈(利根3)「お引っこし」、小田原愛奈(沼田東6)「宝箱」

▽佳作 北原圭(沼田東4)、小林環稀(白沢2)、髙山陽向(川場3)、横坂志旗(沼田東3)、金井琉維(同)、林恋桜(川場5)

[中学生作文の部]

▽最優秀賞 尾池結来(利根3)「スポーツキッズのお弁当レシピ」

▽優秀賞 勝見羽奏(沼田東3)「自分から自分のために」、林春花(沼田1)「命のつながり」、佐々木釉月(多那2)「大自然多那」、明田奈々(白沢3)「手紙」

▽佳作 星舞結子(片品3)、高橋志芽(薄根3)、澁谷真愛(沼田西1)

[中学生詩の部]

▽最優秀賞 宇敷幸花(白沢3)「犬の感じる季節」

▽優秀賞 鳥羽佐奈恵(多那2)「雨の合図」、佐々木星(沼田西3)「季節の移り変わり」、田村海桜(同)「目には見えないもの」、七五三木遥斗(利根2)「冬の宝物」

▽佳作 岡島大和(みなかみ1)、綿貫ひまり(沼田西2)、林陽詩(川場2)、林優月(白沢2)、有馬蓮斗(沼田西1)、木内勇太(みなかみ2)、平田旭(薄根2)


利根日石の地域貢献事業
13年間の童話集寄贈に幕

 利根日石(沼田市上原町、長谷川康三社長)は2月24日、「子どもたちの想像力を養い、心のふれあいの一助にしてもらうため、各小学校や子ども園など、子どもたちの集まる所に広く配布してもらおう」と、第53回ENEOS童話賞受賞作品集「童話の花束」75冊を沼田市に寄贈した。

 利根日石は、平成22年度から13年間にわたり毎年寄贈を続けてきたが、ENEOSが同童話賞を令和5年で終了する。「『童話の花束』の寄贈事業は終了させていただきますが、今後も地元の企業として、地域の発展に貢献できる事業を続けていきたい」と話している。



マイタウンたにがわ広告料金表
(税込み)

料金
4枠(横117.5×縦76㍉)
38500円
2枠(横58×縦76又は、横117.5×縦37.5㍉)
19800円
1枠(横58×縦37.5㍉)
9900円
カレンダー面赤黒 4枠(横117.5×縦76㍉)
64900円
カレンダー面赤黒2枠(横58×縦76又は、横117.5×縦76㍉)
33000円
カレンダー面1枠(横58×縦37.5㍉)
16500円
4枠(横117.5×縦76㍉)
38500円

もちは餅屋のおもち

新潟産こがねもち米100%使用
産地直送数量限定 切り餅

 いつも購読していただいているお客様へ、「吟味した最高級の素材を使って、何か美味しいものをお届けしたい」という当社社長の熱い想いから読者サービスの一環として始まった、関東新聞販売の「産地直送」シリーズ。
 様々な方面で大好評いただき、現在は早期予約の方優先で、購読者ではない一般の方にも数量限定で販売しています。最高級品種の新潟産こがねもち米を100%使用し、こだわりの杵つき機でつかれた餅は「すごく美味しい!」と毎年大好評いただいております。


おちあいしんぶん
取り扱い銘柄と
月ぎめ価格
(令和5年3月4日現在)

一般紙
朝日新聞 セット版 4400円
朝刊のみ 3500円
読売新聞 セット版 4400円
統合版  3400円
産経新聞 統合版  3400円
日本経済新聞 セット版  4900円
朝刊のみ  4000円
東京新聞 統合版  2950円
上毛新聞 朝刊   3350円
日本経済新聞 セット版  4900円
朝刊のみ  4000円
スポーツ・レジャー
スポーツ報知 3355円
日刊スポーツ 3353円
サンケイスポーツ 3353円
東京中日スポーツ 3039円
東京スポーツ 3980円
サンケイスポーツ 3353円
株式・経済
日本証券新聞
(土日祝休)
4988円
日経産業新聞
(土日休)
4000円
日経流通新聞
(月水金)
2300円
日経流通新聞
(月水金)
2300円
業界各紙
電波新聞
(土日休)
5143円
日刊工業新聞
(土日休)
5200円
日本農業新聞 2623円
日刊自動車新聞
(土日祝休)
5770円
繊研新聞
(土日祝休)
4629円
日本農業新聞 2623円

こども向け・英語に親しむ新聞
(無料おためし読み実施中!)
お申し込みは☏23-0330
おちあいしんぶんへ

朝日小学生新聞
 毎日発行。8ページ。月額税込み2100円。
読売KoDoMo新聞
 毎週木曜日発行。20ページタブロイド判。月額税込み550円。
 
毎日小学生新聞
 毎日発行、月額税込1750円。
 
朝日中高生新聞
 毎週金曜日発行。20~24ページタブロイド判。月額税込み1200円。
 
読売中高生
 毎週金曜発行。24ページタブロイド判。月額税込850円。
Asahi
Weekly
 毎週日曜日発行。タブロイド判。月額税込1300円。1部260円。
Asahi
Weekly
 毎週日曜日発行。タブロイド判。月額税込1300円。1部260円。

  • 安心見守りサービス
  •  おちあいしんぶんでは、ひとり暮らしの高齢者宅の新聞受けに、新聞がたまっていた場合、あらかじめ当店に登録した家族や近所の人に連絡する「おちあいしんぶん安心見守りサービス」を行っています。
     当店の新聞を購読する、ひとり暮らしの高齢者かその家族がお申し込みください。
     詳しくは☏0278-23-0330おちあいしんぶんへ。
  • 安心見守りサービス
店舗名 おちあいしんぶん
TEL 0278-22-0330
営業時間 9:00〜17:00
定休日 日曜・祝日
所在地 〒378-0045
群馬県沼田市材木町1176-3
最寄り駅 ・JR上越線沼田駅より、徒歩20分

定休日 日曜・祝日

関東新聞販売株式会社
おちあいしんぶん
0278-23-0330
マイタウンたにがわ(担当 西山・上田)
0278-22-5618